忍者ブログ
neetがtradeしながらradioします。 ラジオはここ↓
アンケートお願いします!
本アンケートは、番組の改善のために利用させていただく予定です。
カウンター
アクセス解析
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新トラックバック
16
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近、よくテレビ見ています。
今は、ニュースみています。

中大の殺人事件なのですが、何人もの学生が、インタビューを受けている映像をみています。
気になったのは、学生たちが、自分たちを「生徒」と呼ぶこと。

生徒は、辞書的には高校生までを指します。
それ以前に、言葉のニュアンスに違和感がある。
高校生までとは違うんだ、という意識はないんだろうか。
かつての大学生にはあったと思うのだが。
大学生って、もっと大人ぶるっていうか、実際大人だし。
たぶん、意識は変わっているんだと思う。


さて、どうでも良いけど、人が一人殺されたってそんなニュースだろうか。
報道ステーションのトップニュースで10分もやっています。
古館曰く、社会が荒んでいるそうだ。
なにを、バカな。

リアリティのない人たちが、作るリアルな報道は良くない。
人が一人死んだことに、先入観で意味づけして、悲劇を演出する。
でも、結果生み出されるのは、漠然とした社会への不安だけ。

報道機関は民主的な社会を支える公益性を有している。それは保護されるべきであると思う。
でも、パレスティナとか派遣切りとか、今まさに人が死んでる、それも大量に人が死んでいる出来事を、スルーしておいて、人ひとり死んだことを大騒ぎする、どこ公益性があるのと疑問を持たざるを得ない。
PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback URL
Copyright c neetradio All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]