忍者ブログ
neetがtradeしながらradioします。 ラジオはここ↓
22
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

連日あついっすね。
ちょっと、ラジオは最近やってないのですが、次回の話のネタにでもしようかとメモします。

・家庭内LAN
無線LANを室内に飛ばしているのですが、XPと2000を入れてるPCがつながりません。
この際2000のPCをXPにしちゃおうかとも思いますが、やや危険な匂いがしています。
それと、メインのデルのデスクトップと、firefoxの相性がよくないです。
NECのオフィス用の機種がだいぶ安くなってるので、もはや買い換えようかと。
現在、原因究明中。
どうやら、ハードではなく、プラグインに問題ありか。

・アイフォン
どうやら、僕の負けみたいです。
想像以上の売れ行きみたいですね。
携帯とモバイルPCという垣根がいずれ消えるだろうと考えていたのですが、アイフォンはその進化の速度を速めるかもしれません。携帯電話の特殊性みたいなものが今後どんどん消えていく、その進化の過程で生み出される始祖鳥的な存在がアイフォンなのではないかなと。
まあ、アイフォンが売れようが売れまいが、この流れ自体は変わらないと思います。
もちろん、日本の携帯電話市場と機種の特殊性はあるとは思うのですが、それは進化を遅らせる程度の効力しかないだろうと見ています。
ただ、進化後の姿が今の日本の携帯電話に近いものになるのか、それともモバイルPCやPDAに近いものになるのかはわかりませんが。

個人的希望をいえば、日本の携帯電話やニンテンドーDSみたいな、使い勝手のよい安定した-個人での改造に限界がある-システムが進化するほうが面白いとは思っています。家電的な安定感を失ってほしくない。

さらにいうと、この使い勝手のよさや安定感は、日本の消費者には高く評価されていますから、アイフォンは、一時的なブームで終わるのではないかなと。せいぜい、imacくらいのブームになるではないかなと。ただ、実際、i-modeなどに代表される日本型携帯の扱いやすさ(キャリアにとっては儲けやすさ)は異常ですから、アイフォン一発で変化するようには思えません。大なり小なりのインパクトはあるでしょうが、問題はこのあと何が出てくるかです。グーグルフォンとか。。。

グーグルのアンドロイドなり、iPhone OSなりで規格統一が進み、おそらくは携帯機種とキャリアをおのおので購入するようなスタイルが日本でも確立するのではないでしょうか。

そうなってくると、ソフト開発にも大きな影響が現れると思われます。現在の携帯で使用されている技術は、聞くところによるとかなりローテクらしく、さらに国内向けの製品が多いらしく、日本の携帯電話用ソフト市場が国際化されれば、かなりの淘汰が起きる可能性が考えられます。逆に言えば、これまで日本限定のサーヴィスだったものが国際化される可能性も秘めているわけです。

こっからは完全に妄想なのですが、Eモバイルやウィルコムみたいなデータ通信メインの携帯電話会社にとってはビジネスチャンスが広がるだろうと思っています。ソフト面での優位性を既存電話会社が失うならば、既存会社には顧客囲い込み程度のアドバンテージしかないと思うのです。「家庭用電話+携帯電話+ADSL+プロバイダーで10000円です」みたいなサーヴィス出てきたら面白い。現状鑑みて、ぼくとか数社に個別に料金払っているわけですが、正直メンドイ。いったい月にいくら通信費使っているのかもわかんないw

というような形で、大容量で多様なデータのやり取りができる携帯端末が普及すると、動画サーヴィスの分野には追い風ですよね。というわけで、ドワンゴ推奨ですwただ、そうなったとしても、ニコニコ動画における技術的蓄積と、顧客囲い込み程度しかアドバンテージはないのでわかりませんけどね。あと、優れたデータ圧縮技術とか開発したらおもしろいでしょうね。

ともかく、アイフォンブームがその後に何を残すのか注目したいですね。日本市場の特殊性をどこまで崩せるのか。
PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback URL
Copyright c neetradio All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]